胆のうの役割|日本人が発症しやすい腰痛の原因とは|病院で正しい審判を

日本人が発症しやすい腰痛の原因とは|病院で正しい審判を

医者

胆のうの役割

病棟

胆のうは肝臓の下に位置していて肝臓から流れてくる胆汁を貯蔵しておく役割を持っています。人間は食事を取ると栄養素を吸収する必要があります。胆のうは身体の中に食べ物が入ってくるとすぐに胆汁を分泌させます。分泌された胆汁は十二指腸で消化を手助けしてくれます。このように人間が栄養素を吸収するのに非常に重要な働きをしてくれるのですが、悪性の腫瘍が発生してがん化する場合があります。これが胆のうがんとよばれるものです。胆のうがんが発生する原因には様々なものがあります。たとえば、潰瘍性大腸炎や胆石などの病気を引き起こすことで胆のうの細胞ががん化するといったことなどです。生きていく上で非常に大切な臓器なので早期に発見して治療することが望ましいです。

胆のうがんを治療する方法として陽子線治療があります。これは放射線療法がうまくいかないときに用いられる治療法です。つまり、放射線療法は局所治療とはいえ周囲の正常な細胞も傷つけてしまう可能性がありますので、患者の負担を考えて行わないことがあります。そのようなときに登場するのが陽子線治療です。これは周囲の細胞を傷つけることなく、なおかつ痛みも伴わない施術なので、身体への負担が小さいです。1日1回の照射が原則になります。時間としては15分から25分程度で済みます。ただし、胆のうがんが広がっていて他の臓器に転移した場合には対象外になります。ちなみに、まだ先進医療に分類されるため健康保険の適用は効きません。