乳がんを見落とさない努力|日本人が発症しやすい腰痛の原因とは|病院で正しい審判を

日本人が発症しやすい腰痛の原因とは|病院で正しい審判を

医者

乳がんを見落とさない努力

看護師

早期発見するために

乳がんは女性に多いがんで、40代後半をピークに発症すると言われていますが、20代や30代で発症する場合もあります。乳がんは早期発見できれば、予後が良いがんと言われていますが、初期症状では痛みが無いことが多く気付きにくいがんです。乳がんの代表的な症状として、しこりがありますが、触診で発見することができるので、月に1度の自己触診がとても大切になります。乳がんを早期発見するためには、自己触診の他に、医療機関での定期的な乳がん検診が大切です。乳がん検診には、マンモグラフィーを用いたレントゲン撮影と乳腺の超音波検査、医師による触診があります。月に1度の自己触診と定期的な乳がん検診で、早期発見できるチャンスを作っておくことが重要です。

自分に合った検診を受ける

乳がん検診は、職場の健康診断や医療機関で受けることができますが、検査の痛みを心配して躊躇する人もいます。特に、マンモグラフィーは乳房を板で挟み圧迫して撮影をするので、痛みを感じる人が多い検査です。しかし、触診や超音波検査では見付からない小さなしこりや石灰化を発見することができる貴重な検査です。マンモグラフィーは、しこりや石灰化を白く写し出しますが、乳腺も白く写るため、乳腺が発達していない40代以降の女性に向いている検査です。乳腺の超音波検査は、ジェル状の液体を乳房に塗り専用の機器を滑らせるだけなので、痛みを感じない検査です。被爆の心配が無いため、妊婦や乳腺が発達している若い世代に向いています。乳がん検診には、年代に合った検査方法があるので、自分に合った乳がん検診を受けることが大切です。