日本人が発症しやすい腰痛の原因とは|病院で正しい審判を

女の人

どんな病気にも対応

女性

内科と外科を持つ梅田クリニックでは、最初に内科で受診を行い必要になれば外科での手術や治療を受けられます。内科では女性向けの月経異常や男性向けのER治療が、プライバシーを守りながら行われています。また、健康診断も行っているので、疾患防止のために受けるようにしましょう。

詳細へ

乳がんを見落とさない努力

看護師

乳がんを早期発見するためには、月に1度の自己触診と医療機関での定期的な乳がん検診が大切です。乳がん検診の代表的な検査には、マンモグラフィーと乳腺の超音波検査があります。それぞれ、乳腺の状態によって向いている年代があるので、自分に合った検査方法を選ぶことも大切です。

詳細へ

つらい症状

医者

人それぞれ

腰痛の症状に悩んでいる方は大勢いると言われています。一度痛くなってくると、立ち上がるのや歩くのさえ苦痛になりますが、病院にいってもこれといって悪いところがみつからない場合も多いです。腰痛というのが何故起こるのかという原因も、様々なものがあります。長時間同じ姿勢を続けることや中腰での仕事の人は、腰痛になりやすいと言われています。これは筋肉疲労によるものです。また、ストレスでも腰痛が起こる場合があります。ストレスが原因の場合は、非特異的腰痛といわれていて腰痛の方全体の85%もいると言われています。要するに腰痛の85%の方は原因不明ということです。こういったことから、ストレスだと自己判断しがちですが、それは危険なことです。

原因がある場合

85%の腰痛は原因不明だったり心理的なものだったりすると書きましたが、判断するためには医師の診断や検査が必要です。腰が悪いわけでなくて内臓からも痛みが出る場合があります。この腰痛が早めの受診が必要となります。内臓が悪くなって炎症を起こすと、場所的にお腹や腰あたりになりますので、そこを圧迫して痛みが起こると言われています。腰だけでなく腹部にも痛みがある場合は、内臓疾患も考えられます。また女性の場合は、ヒールの高い靴を履いていることや、整理との関係で腰痛が起きることがあります。そんな場合は我慢せずに、婦人科の受診が大切です。それ以外で、腰への負担が大きいと言われているのは、肥満による体重増加です。

胆のうの役割

病棟

胆のうは肝臓から流れてくる胆汁を貯蔵して食事をしたときに十二指腸に胆汁を分泌させて消化を助ける役割があります。この胆のうががん化して胆のうがんになります。新しい治療法として陽子線治療があります。ただし、健康保険はまだ適用されません。

詳細へ